NEKOMATIC-BEING

nekomatic3.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 0964 16-07-07(木) マメハチ物語(前編) semスキン用のアイコン02

  

2016年 07月 15日

a0313261_18440499.jpg





ども、ネコマです。

先日からちょくちょく匂わせてはいたんですが
ついに三代目のバイクをお迎えしました。
車両は…世界が誇るHONDAのスーパーカブ70!
チャイカブ→タイカブときてついに本カブ(日本のカブの略)です。
これで胸を張って(?)カブ主といえるワケですね。ハイ。















ちなみにコイツの正式データーとしては…

メーカー:HONDA
車両:スーパーカブ70(C70)
年式:忘れた
カラー:紺色のヤツ
グレード:セル無しのDX
名前:マメハチ

まぁ要するに昔ながらの鉄カブってヤツですね。
50でも90でもなく70という中途半端な排気量ですが
カブ通に言わせるとこのサイズがいいんだとか。
確かにWAVE125もある以上そこらへんは差別化しておかないと。
ちなみに名前のマメハチの由来は次回ご紹介しますね。






a0313261_18471851.jpg




じゃーん!
とりあえず車両全体はこんなカンジ。
紺色のベーシックなカラーのカブに色々黄色いパーツを載せてます。




a0313261_18440499.jpg




フロントのパーツは黄色のパーツがあったのでそれを購入。
色合い的に黄色というよりもオレンジイエローかな。
別名山吹色だっけ?
どうやら純正でまだパーツが販売してたっぽい。
てかリトルカブ用なのね…。
エンブレムは通常のタイプではなく、立体商標記念モデルのヤツをチョイス。
ほら、せっかくだしね。


a0313261_18480574.jpg




走行距離は37000km。
我が家のバイクの中で一番走ってます(笑)
でもまぁカブだしこの距離でも問題なさそう。

ガソリン給油とかエンジンのあのマークのついたランプがありますが完全ダミーです。
当初のパーツがあまりにもボロボロだったので、カメハウスにあったパーツを使わせてもらいました。
結構外装から内装までアレコレとヤれてたようですが、
カブ匠で有名なカメテツ氏が完全プロデュースをしてるので、そこらへんは不安無いですハイ。




a0313261_18505108.jpg




フロントキャリアには小型のラウンドメッシュケースを取り付け。
ホントはちょいとした箱でも良かったのですが
あまり重くなるのは避けるべく軽量なパーツを。
そもそも載せなきゃいいだけなんですが(笑)
ちなみに小型の雨具をぎゅうぎゅうに詰めれば入るサイズです。
ま、晴れ時にしか乗らない予定なんで雨具は基本スルーで。




a0313261_19121314.jpg





グリップが色々アレだったので、せっかくだから新調しました。
カブはなんだかサイズが特殊らしいので選べる種類が少なくてちょっち残念。
ここはカブのちょいレトロな雰囲気に合わせようと思い
ブラウンのタル型グリップを装着してもらいました。
握ったカンジ…ちょっと不思議なカンジw







a0313261_18524473.jpg




今までずーと装備したかったけど出来なかったセンターボックス。
アウスタで販売してたものの、今までの蕪は全部取り付け出来なかったからなぁ…。
カブの難点であるニーグリップを克服しつつ収納ペースも確保するスゴいヤツ!
色は完全イエローなので山吹色の他のパーツに合わせるかは考え中です…。
ちなみに完全防水ではないので油断すると浸水するらしい。




a0313261_18562079.jpg




サイドカバーはカメちゃんが中古パーツ屋で見つけてくれたノンブランドのパーツを。
コイツもどうやら山吹色のようです。
ちょいちょい汚れやら破損やらが見えますが、中古パーツだしシャーナイね。
そこらへんは新車とは違った古いバイクの定めなのです。
なお、ゆくゆくは立体商標エンブレムステッカーを両方に取り付ける予定。
……え?エンブレムが一枚1500円ってマジですか…(´Д`)





一度つけたらもう戻れないで有名(?)なホムセンボックスは勿論装備。
WAVE125やCRFでも使っているアステージとかいうブランドの600ボックスです。
安価な割には容量も多く使いやすくて、ずっとコイツの世話になってます。
箱マニアで有名な気動車おやじ氏も絶賛の一品です(きっと)
超大型ボックスも考えたのですが、如何せん排気量は70cc。
110チャイカブの時はGIVI風箱だったり重いパーツもどんと来いでしたが、
排気量の小さいカブ70では如何に軽量化をするかがキモなもんで。
アマゾンだと1300円くらいみたいですが、時期等により値段が上下するみたい。
安いときを狙って買いましょう。


a0313261_19061566.jpg




勿論トップボックスだけではなく両サイドには小型のレザーサイドバッグを装備。
これもノンブランドでアマゾンで3500円くらい。ヤスゥイ!
ホントは旭風防のチャンピオンボックスが欲しかったんですが、
お値段的にお高いのと頑丈なだけ重くなっちゃいそうなんで却下です。
容量的には2Lペットボトルが二本くらい入ればいいかな、くらい。
ここには工具やら遠出する際には雨具系を入れたりしたいかな。






せっかくレザー風のサイドバッグを装着したので
ケツもちょいとだけオサレ風味に。
ちなみにタイヤもヤれていたので前後共に新品にしてもらいました。
ダンロップのD107です。
要するに安かろう普通であろうのコスパタイヤですね。
ちなみにパンクしたWAVE125のタイヤもコレと同じものにするつもりです。
いや、ハイグリタイヤはいいタイヤでしたが、分不相応っす…。



……
………


そんなこんなでマメハチ号の紹介はこんなところです。
装備を見ての通り基本的は晴れた日の通勤がメインとなります。
50とほぼ同じ車体サイズはすり抜けに威力を発揮するでしょうし、
GSRやWAVE125よりも積載能力を上回っています。
あとは無駄な抵抗になる風防やナックルガードは付けてません。
あくまでも極力重くないようにしつつ積載性を向上させるカスタムで…ってとこですかね。
なので冬にはお休みしてもらう予定です。キャブ車ってものあるし。

はてさて。三代目のバイクは手前とどんな思い出を紡いでくれるのか。
さぁ…暁の水平線にバイク魂を刻もう!

そんな日のこと。すたーと、ゆあ、えんじん!な日のこと。

[PR]

by Nekomatic-03 | 2016-07-15 22:39 | C70(マメハチ改/雷) | Comments(2)

Commented by ヨコイ(侵攻作戦実施中) at 2016-07-16 20:58 x
な…70…だと…

いいチョイスですな。
50のスムーズな回転でパワーも出るナイスな70!!
90は結構ブルるんじゃぁ…

いいなぁ…70…
Commented by Nekomatic-03 at 2016-07-28 21:31
>侵攻作戦どんとこいなヨコヨコさん…
カブ匠のカメちゃんの助言により70ccをチョイスすることになりました。曰く
「一番カブっぽい」
とのこと。

確かに「ああ、昭和の鉄カブってこんなカンジなんだな!」的な主張がバイクからモリモリ発せられて割と楽しかったり。

近日レビューを書いてみたいな、と。
てn …GSR-Sの方が先ですが(笑)